作者アーカイブ: 木下直也

文化・芸術批評

『サウルの息子』(ネメシュ・ラースロー)と『バルタザールどこへ行く』(ロベール・ブレッソン)ー映画における見えるものと見えないもの

2015年のハンガリー映画『サウルの息子』(カンヌグランプリ、アカデミー外国語映画賞の二冠)を見たときの感想である。地味な映画なのに新宿の小さい…
続きを読む
文化・芸術批評

阿佐ヶ谷住宅のこと(上)-団地における「私」と「公」を融合させる緑地「コモン」について

 私は杉並区阿佐ヶ谷北に住んでいるが、青梅街道の南側(町名では成田東)の都立杉並高校と接するところに1958年に作られた阿佐ヶ谷住宅という広大な…
続きを読む